海外旅行保険を安く組み立て

海外旅行保険を安く組み立て

海外旅行保険の必要性

海外旅行の際、忘れてはいけないのが海外旅行保険です。

海外で医療を受けると、予期せぬ高額請求となる場合があるため、必ず加入検討した方がいいでしょう。

パッケージツアーの場合、ツアー内容に保険が組み込まれている場合もありますが、「航空券+ホテル」のような手配の場合は、個別に検討が必要です。

海外旅行保険の種類

海外旅行保険には、大きく二種類の保険があります。

  • カードに自動で付随する海外旅行保険
  • 損保会社などと都度契約する海外旅行保険

自分に必要な保障を決めた上で、二種類をうまく組み合わせるのがいいでしょう。

保険設計

私の場合は、損保会社にお勧めプランを基準に必要な保障額を決めました。

おすすめプラン

ある損保会社のおすすめプランの保障内容は、以下の通りでした。

保障内容保障額
傷害死亡1,000万
傷害後遺障害1,000万
疾病死亡1,000万
治療・救援費5,000万
緊急歯科治療10万
個人賠償責任10,000万
携行品損害30万
手荷物遅延1万
弁護士費用100万

dカードGOLDの場合

一方、私が所するdカードGOLDの保障内容は、以下の通りでした。

保障内容会員ご本人ご家族
傷害死亡5,000万1,000万
傷害後遺障がい200~5,000万40~1,000万
傷害治療費300万50万
疾病300万50万
賠償責任5,000万1,000万
携行品損害50万15万
救援者費用500万50万
乗継遅延2万2万
手荷物遅延1万1万
手荷物紛失2万2万
出航遅延1万1万

保障内容を補う

足りない分を保険契約にしました。

ジェイアイ傷害火災保険の加入例

足りない分は、下記の保障を個別に契約し、補いました。

保障内容保障額
傷害死亡
傷害後遺障害
疾病死亡
治療・救援費用10,000万
緊急歯科治療10万
個人賠償責任10,000万
携行品損害
手荷物遅延
弁護士費用100万
テロ等対応費用
航空機遅延
旅行キャンセル費用
旅行中断費用

ご参考

私の場合は、家族三人6日間で約6,000円の保険料でした。

治療費は、300万円もあればまず大丈夫と言われていますが、リスクをどうみるかですね。

なお、カードの海外旅行保険は、旅行代金をカードで支払っているなど、いくつかの条件が設けられている場合があるので、保障内容と合わせてしっかりと確認しましょう