ハワイ旅行いくらでいけるか(7月編)

ハワイ旅行いくらでいけるか(7月編)

試算ルール

  • 試算日は、2020年2月10日(5ヶ月前の予約)
  • 日程は4泊6日とする
  • 料金は一人分
  • 年休は2日取得で済む日にする
  • 出発日は休みを取らずに乗れる時間帯の飛行機とする
  • 宿泊ホテルはハイアット・リージェンシーとする
  • 航空会社はワンワールドアライアンスとし、成田空港または、羽田空港発の安いプランを選定する
  • いずれもまだ空席があるものを選定
  • 飛行機は、行きも帰りもなるべく遅い便を選定
  • パッケージツアー、航空券+ホテル、完全個人手配の3パターンを算出

試算

パッケージツアー

今回もJTBで試算しています。

出発日7月20日(月曜日)
出発地羽田空港
旅行日数6日
ホテルハイアット・リージェンシー
行き21:00発→9:20着
帰り15:45発→翌日19:30着
料金285,800円

7月に入ると値段がぐっと上がってきますね。

7月15日までの出発なら、253,800円となっていますが、16日以降は次第に上がっていき、月末には320,800円となっています。

参考

前回までの試算ルール結果です。

5月271,800円
(GW外せば229,800円)
6月243,800円
7月285,800円

航空券+ホテル

今回はH.I.Sでの試算結果となります。

H.I.Sは他比べて、ハイアット・リージェンシーが安い気がします。(要調査)

出発日7月20日(月曜日)
出発地羽田空港
旅行日数6日
ホテルハイアット・リージェンシー
行き日本航空 21:20発→10:10着
帰り日本航空 16:05発→翌日19:25着
料金256,110円
内訳航空券 124,350円
ホテル 146,400円
割引  -14,640円

エクスペディアでは296,350円という結果となりました。ちなみに、H.I.Sで30万円出すともう一泊出来ます。

今回から内訳も記載していますが、5月、6月も料金の内訳控えておくと良かったです、、、。

参考

前回までの試算結果となります。

5月201,690円
6月226,527円
7月256,110円

5月、6月、7月と1割ずつ上がってきていますね。

個人手配

JAL公式サイトとハイアット・リージェンシー公式サイトで予約する場合の料金です。

出発日7月20日(月曜日)
出発地羽田空港
旅行日数6日
ホテルハイアット・リージェンシー
行き日本航空 21:20発→10:10着
帰り日本航空 16:05発→翌日19:25着
料金284,409円
内訳航空券 124,350円
ホテル 160,059円(112円換算)

5ヶ月先の予約だからでしょうか?前回と比べるとホテルが少し安くなっていてツアー手配と同じ価格帯まで落ちてきました。

航空券の値段については、H.I.Sと変わらないですね。

ちなみに、今回一人分で試算していますが、人数が増えると話が変わってくる場合があります。

パッケージツアーにおける料金は通常、人数×代金となります。例えば家族3人で30万円のパッケージを申し込んだ場合、料金は3人×30万円で計90万円となります。

一方、航空券+ホテルや個人手配の場合、ホテル代はルームチャージとなります。

例えば、家族旅行の場合は、航空券3人×15万円+ホテル代15万円となるため、計60万円となります。(航空券、ホテル代をそれぞれ15万円とした場合で、ホテルが3人宿泊可能な部屋の場合)

3人別々に部屋を取る場合はツアーと同様です。

参考

前回までの試算結果となります。

5月309,687円(135,260+174,427)
6月310,319円(105,350+204,969)
7月284,409円(124,350+160,059)

この先、上がるのか、下がっていくのか興味があります。

結果

ツアー手配なら29万円、航空券+ホテル手配なら26万円となりました。

ツアー手配航+ホ手配個人手配 
5月271,800円201,690円309,687円
6月243,800円226,527円310,319円
7月285,800円256,110円284,409円